世界のラーニング・コモンズ
大学教育と「学び」の空間モデル
溝上 智恵子 編著
永田 治樹・植松 貞夫・宇陀 則彦・三森 弘・呑海 沙織・井上 拓・孫 誌衒・冷 静 ・歳森 敦・逸村 裕・金子 芙弥 著
世界のラーニング・コモンズ 大学教育と「学び」の空間モデル
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
A5判   292頁   本体3,400円+税

内容紹介
「学生への学習支援」をキーワードとして,世界的に隆盛しているラーニング・コモンズ。本書は,特に先進的な試みを行っている国内外の実例を多数紹介し,
その現状を検討している。学生の自発的学習を促す「よいラーニング・コモンズ」の条件とは何か。「学びの空間」を考える本格的論考集。
目次
はじめに 高等教育改革と学生の主体的学びへの支援(溝上智恵子)
第Ⅰ部 新しい学びの場
第1章 大学図書館における新しい「場」─インフォメーション・コモンズとラーニング・コモンズ─(永田治樹)
第2章 大学図書館における学習支援空間(植松貞夫)
第3章 ワークプレイスとしてのラーニング・コモンズ(宇陀則彦,三森 弘)
第Ⅱ部 世界のラーニング・コモンズ
第4章 大学図書館における学習支援空間の変化─北米の学習図書館からラーニング・コモンズへ─(呑海沙織,溝上智恵子)
第5章 カナダの大学図書館における学習支援空間の歴史的変容─ブリティッシュ・コロンビア大学の事例から─(呑海沙織,溝上智恵子)
第6章 イギリスの大学図書館における新しい学習支援空間の発展(呑海沙織)
第7章 ボローニャ・プロセスとポルトガルの大学図書館における学習支援機能の発展(井上 拓)
第8章 韓国の大学図書館における学習支援(呑海沙織,溝上智恵子,孫 誌衒)
第9章 上海の大学図書館における学習支援に関する調査報告について(呑海沙織)
第10章 中国の大学図書館における学習支援(冷 静,溝上智恵子)
第11章 オーストラリアの高等教育改革とラーニング・コモンズの発展(溝上智恵子,呑海沙織)
第Ⅲ部 日本の状況
第12章 筑波大学における春日ラーニング・コモンズの誕生と成長(歳森 敦)
第13章 ラーニング・コモンズと学習支援(逸村 裕)
第14章 日本の高等教育機関図書館におけるラーニング・コモンズの現状(呑海沙織,溝上智恵子,金子芙弥)
第15章 日本の大学図書館における学習支援の現状(呑海沙織,溝上智恵子)
大学生の学習支援とラーニング・コモンズ
─あとがきに代えて─(溝上智恵子)


ページの先頭へ戻る