現代図書館情報学シリーズ 12
図書館施設論
植松 貞夫 著                    
図書館施設論
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
A5判   186頁   本体2,000円+税

内容紹介
図書館活動・サービスを展開する“器”である図書館施設。その図書館施設について,地域計画,建設計画,構成要素等を解説した一書。司書資格取得を目指す学生に限らず,実際に建築の必要性に直面している図書館長や職員,教育委員会はじめ行政関係者,図書館建築に興味・関心を持つ人々など,幅広い読者を想定して記述した。
目次
1章 図書館機能とその建築
2章 地域計画
3章 図書館の建設
4章 図書館の建築計画
5章 館内環境の計画
6章 施設の維持管理・災害対策
7章 参考となる図書館建築


ページの先頭へ戻る