現代図書館情報学シリーズ 8
図書館情報資源概論
高山 正也・平野 英俊 編集
岸田 和明・岸 美雪・小山 憲司・村上 篤太郎 著               
図書館情報資源概論
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
A5判   192頁   本体2,000円+税

内容紹介
図書館情報資源について,伝統的な文字による記録から,映像・音響,さらには印刷・出版から電子・ネットワーク情報資源まで幅広く,現在から近未来へ至る変遷を含めて概観し,図書館での取り扱いに言及。また,図書館コレクションの編成・構築の在り方,情報資源のライフサイクルにおける図書館の位置づけを明らかとした。
目次
1章 図書館情報資源とは何か
 1.有形出版物としての図書館情報資源
 2.無形出版物としての図書館情報資源:ネットワーク情報資源
2章 図書館情報資源の種類と特質
 1.有形出版物としての「図書館資料」
 2.無形出版物としてのネットワーク情報資源
 3.政府刊行物と地域資料
 4.人文・社会・自然科学,および生活分野の情報資源と特性
3章 図書館情報資源の収集とコレクション構築
 1.コレクション構築とそのプロセス
 2.資料選択のプロセス
 3.資料収集のプロセス
 4.資料の蓄積・保管のプロセス
 5.コレクションの評価・再編のプロセス
4章 情報資源の生産・流通と図書館
 1.情報資源の生産としての出版
 2.日本の商業出版と流通
 3.学術出版と円滑な流通促進の取り組み
 4.図書館蔵書のデジタル化
 5.情報資源の生産・流通と図書館コレクション利用の権利


ページの先頭へ戻る