現代図書館情報学シリーズ 2
図書館制度・経営論
糸賀 雅児・薬袋 秀樹 編集
市川 恵理・内野 安彦・荻原 幸子・桑原 芳哉・高山 正也・鑓水 三千男 著             
図書館制度・経営論
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
A5判   216頁   本体2,000円+税

内容紹介
図書館の「制度」と「経営」というきわめて実務的な内容を,最新の法規や基準の紹介と図書館経営の具体例を随所に織り込みながら平易に解説。司書資格取得のためのテキストとしてはもちろん,図書館の実務経験を積んだ有資格者の学び直しにも有用な書。文部科学省「これからの図書館の在り方検討協力者会議」の主査・副主査の先生方編集による万全を期した内容構成で,新しい「図書館の設置及び運営上の望ましい基準」にも対応。
目次
序章 図書館における制度と経営
Ⅰ部 制度論
 1章 図書館制度の概観
 2章 日本国憲法,教育基本法,地方自治法等
 3章 図書館法
 4章 他館種の図書館に関連する法規
 5章 子どもの読書活動,文字・活字文化の振興に関連する法規
 6章 図書館のサービス・経営に関連する法規
 7章 図書館政策
Ⅱ部 経営論
 1章 図書館の公共性
 2章 公共経営としての図書館経営
 3章 図書館の組織と職員
 4章 図書館の財政と予算
 5章 図書館における計画とマーケティング
 6章 図書館の経営評
 7章 図書館の管理形態の多様化


ページの先頭へ戻る