考える情報学2.0
アクティブ・ラーニングのための事例集
中西 裕 編著
入江 真由美・金子 大輔・河島 茂生・齋藤 裕美・三野 裕之・森屋 裕治 著
考える情報学2.0 アクティブ・ラーニングのための事例集
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
改訂版
B5判   161頁   本体2,200円+税

内容紹介
『考える情報学』の刊行から4年。情報通信技術の急速な発展や社会の変化に対応すべく内容を大きく見直した。アクティブ・ラーニング場面での学習を考慮し,ディスカッションやディベートの方法,調べ物の方法などから説き起こし,注釈やヒントをふんだんに盛り込んだ。

考える情報学2.0 学習支援サイト
目次
本書で学習されるみなさんへ
ディスカッションの方法
ディベートの方法
調べ物ガイド
1章 情報技術の発展と人類の未来
2章 社会の情報化と著作権保護
3章 個人情報保護とプライバシー
4章 情報の収集と利用
5章 文化・教育の情報化
6章 生活の情報化
7章 表現の情報化
8章 インターネットと政治
9章 インターネットコミュニケーション
10 章 多様な情報の蓄積と拡散


ページの先頭へ戻る