図書館つれづれ草
ライブラリアンシップを考える現場ストーリー集
坂井 暉 著
図書館つれづれ草 ライブラリアンシップを考える現場ストーリー集
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
四六判   205頁   本体1,600円+税

内容紹介
常に現場主義で,図書館の発展,司書の育成に尽力してきた著者の経験がつまったストーリー集。後進への愛情あふれる一冊。
目次
1 図書館は、利用者の秘密を守る
2 委託司書を導入する
3 貸出無制限が生まれるまで
4 資料の汚損・破損の弁償は?
5 『ピノキオの冒険』
6 移動図書館車の車検
7 「対面朗読」と「読書の秘密」
8 この本はどうする?
9 未成年者の利用カード
10 煩雑極まる図書館業務
11 中原、大学の助教授になる
12 図書館業務の法的根拠
13 関係業者との契約問題
14「指定管理者制度」と公立図書館の関係を考える


ページの先頭へ戻る