地域文化とデジタルアーカイブ
岐阜女子大学デジタルアーカイブ研究所 編
地域文化とデジタルアーカイブ
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
B5判   177頁   本体2,000円+税

内容紹介
デジタルアーカイブは,過去から現在までの資料を収集,保管し,次の世代へと伝承するための有効な手段である。本書は,岐阜女子大学がこれまでに取り組んだ地域文化資料を基としたデジタルアーカイブ開発,およびその手法の基礎をまとめたものである。
目次
第1章 地域文化とデジタルアーカイブ
第2章 一つの資料を基点として形成される文化
第3章 複数の資料・地域間で形成される文化
第4章 地域の民俗・文化
第5章 地域のオーラルヒストリー
第6章 地域の伝統・文化遺産
第7章 博物館(野外博物館)・図書館
第8章 地域の産業・生活文化
第9章 撮影記録の基礎
第10章 地域文化資料の選定評価項目
第11章 地域文化資料の保存(保管)と利用


ページの先頭へ戻る