生涯学習時代の教職論
梨本 加菜・稲川 英嗣 著
生涯学習時代の教職論
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
A5判   122頁   本体1,600円+税

内容紹介
教職課程の必修科目「教職の意義及び教員の役割・職務内容」に対応したテキスト。
導入科目として,教職とは何か,学校教育とは何かを捉えられる内容構成とした。
初学者にとってのわかりやすさを重視したコンパクトな一冊。
目次
第Ⅰ部 教職の意義:教師の役割と使命
 第1章 教職課程とは何か
 第2章 教師の資格と資質
 第3章 学校とは何か:子どもと地域の拠り所として
 第4章 チームとしての学校と地域連携
 第5章 道徳と人権の教育

第Ⅱ部 教師の職務内容と教員制度
 第6章 教師の職務内容の全体像
 第7章 校務分掌と学校経営
 第8章 学校運営の責任者
 第9章 教師の服務上・身分上の義務と処分
 第10章 諸外国の学校及び教員の制度

第Ⅲ部 教師の養成・研修と進路選択
 第11章 教師の養成:教育実習を中心
 第12章 教師の採用
 第13章 教師の研修とライフコース
 第14章 学校教育を支えるさまざまな人材
 第15章 地域の教育環境を支える人材


ページの先頭へ戻る