2033年の日本と図書館に向けて
吉井 潤 著
2033年の日本と図書館に向けて
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
四六判   238頁   本体2,000円+税

内容紹介
29歳から5年間公立図書館長を務めた著者が,在任中に現場で体感したことを基に,現在の社会状況を踏まえて15年後の日本や図書館について思いを綴る。身近なテーマから説き起こす軽やかなエッセイ。
目次
第1章 働き方改革
第2章 日本の歴史や伝統文化
第3章 情報との接し方
第4章 地域社会


ページの先頭へ戻る