図書館情報学基礎資料 第3版
今 まど子・小山 憲司 編著
図書館情報学基礎資料 第3版
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
第3版
A5判   154頁   本体1,000円+税

内容紹介
『図書館学基礎資料』(1990年刊)を基に, 「現代図書館情報学シリーズ」(全12巻,2014年完結)を補う基本的な資料およびACRONYMS,基本用語解説,図書館・図書館情報学小年表等で構成。各種図書館関係者や図書館司書・図書館情報学を学ぶ人のための必備・必携書である。

第3版では,2019(令和元)年5月に成立した「第9次分権一括法」(地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律)による改正の反映を中心に,各法令を最新の状態とした。
また,あらためて掲載すべき法令の条項を点検,更新するとともに,本書全体の内容も確認・更新している。

※過去,『図書館学基礎資料』に掲載しておりました「図書館統計」につきましては,今後「サポート」ページ内,「学習サポート」よりご覧いただけます。
目次
Ⅰ 関係法令
Ⅱ 図書館に関する宣言・綱領など
Ⅲ ACRONYMS(頭字語・略語)
Ⅳ 基本用語解説
Ⅴ その他資料
Ⅵ 図書館情報学に関するレファレンスブックス
Ⅶ 図書館・図書館情報学小年表


ページの先頭へ戻る