地域福祉とソーシャルワーク実践〔実践編〕
山口 稔・山口 尚子・豊田 宗裕 編著
小野 智明・小山 晴義・佐川 博之・西尾 敦史・星野 誠・矢原 絵理 著
地域福祉とソーシャルワーク実践〔実践編〕
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
A5判   205頁   本体2,200円+税

内容紹介
『地域福祉とソーシャルワーク実践〔理論編〕』の続編として刊行。地域福祉の実践を担うソーシャルワーカーや,それをめざす学生を読者対象として,多様な実践事例を紹介しながら,それらの研究考察・評価についても詳述。
目次
Ⅰ章 地域福祉におけるソーシャルワーク実践の考え方と方法
Ⅱ章 地域福祉におけるソーシャルワーク実践と事例研究
Ⅲ章 地域福祉における個別援助支援とコミュニティワーカーの役割
Ⅳ章 小地域福祉ネットワークづくりとコミュニティワーカーの役割
Ⅴ章 セルフヘルプグループとコミュニティワーカーの役割
Ⅵ章 ボランティア活動とボランティアコーディネーターの役割
Ⅶ章 福祉教育とコミュニティワーカーの役割
Ⅷ章 福祉NPOとコミュニティワーカーの役割
Ⅸ章 地域福祉計画づくりとコミュニティワーカーの役割
Ⅹ章 地域福祉実践におけるコミュニティワーカーに必要な視点とその手法の考察
XI章 コミュティプラクティスの実践モデルと介入方法-地域福祉におけるソーシャルワーク実践の新たな展開へ向けて-


ページの先頭へ戻る