幼児体育
基礎理論と指導の方法
前橋 明 編著
雨宮 由紀枝・有木 信子・石沢 順子・伊藤 佐陽子・奥富 庸一・川添 公仁・桐原 由美・髙内 正子・田中 光・中嶋 弘二・馬場 桂一郎・松原 敬子・松本 奈緒・三宅 孝昭・米谷 光弘 著
幼児体育 基礎理論と指導の方法
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
B5判   146頁   本体1,900円+税

内容紹介
幼児の心身の健康づくりとして実施される幼児期の運動を通した体育教育「幼児体育」のあり方や基本理念,体育指導の計画と指導方法や内容の基本を,イラストを多く取り入れてわかりやすくまとめた一冊。
目次
第1章 幼児体育の意義と役割 
第2章 子どものあそびと発達
第3章 運動のとらえ方と指導の基本
第4章 保育における体育あそび
第5章 体育あそびの実際
第6章 障がいのある子どもの体育あそび 
第7章 親と子のふれあい運動
第8章 運動会
第9章 幼児体育指導における安全と応急手当


ページの先頭へ戻る