保育方法論
山本 和美 編著
井柳 基名・尾崎 恭子・佐藤 信雄・棚橋 治美・平野 良明・藤川 いづみ・真宮 美奈子 著
保育方法論
品切れ・重版未定
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
A5判   192頁   本体1,900円+税

内容紹介
子どもの興味・関心・要求などをしっかり受け止め,主体的に活動する子どもを積極的に援助し,創造性を育てる指導を基本とする。保育事情,保育研究,今日的課題にもふれながら発達に即した指導内容を解説。
目次
第1章 保育方法とは
第2章 幼児の発達と保育方法
第3章 環境による保育
第4章 幼児の生活・遊びと保育
第5章 保育形態
第6章 保育の計画と実践
第7章 幼児理解と保育方法
第8章 保育の記録をどう生かすか
第9章 幼児教育・保育に活かす情報メディア
[関連資料] 近世以降の保育論と保育方法,個人の記録票,幼児指導要録,保育所児童票ほか


ページの先頭へ戻る