看護場面に学ぶ
発達臨床心理学
後藤 宗理 編著
浅野 敬子・遠藤 公久・大平 政子・小笠原 昭彦・河合 洋子・桐山 雅子・鋤柄 増根・高井 次郎・夛喜田 恵子・中川 敦子・中嶋 律子・本橋 令子・松本 真理子・宮下 照子・文珠 紀久野・山本 誠一 著
看護場面に学ぶ 発達臨床心理学
品切れ・重版未定
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
A5判   208頁   本体1,900円+税

内容紹介
急速な情報化が進み,対人関係のあり方も変化している今日,学校,地域,職場などで対人関係を円滑に運ぶことがより大切となる。この観点から,発達心理学を看護場面・看護事例を参考にして学べるよう編集。
目次
Ⅰ 人間発達の心理・臨床的理解
 対人関係を中心に見た人間発達の基本的枠組み人間理解の基本的枠組み
Ⅱ ライフサイクルから見た人間発達の特徴と看護事例
 乳児期 幼児前期 幼児後期 児童期 思春期・青年中期 青年後期・成人前期 成人期 老年期


ページの先頭へ戻る