博物館学シリーズ 5
博物館情報論
坂井 知志 編集
高橋 信裕・高安 礼士・武田 国夫・水嶋 英治・八重樫 純樹 著
博物館情報論
品切れ・重版未定
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
A5判   190頁   本体1,900円+税

内容紹介
必ずしも十分に有効活用されているとは言いがたい博物館の情報化について,その意味と現状をさまざまな角度から論じている。読者に,具体性をシミュレーションしながら理解を深めていくことを期待しての構成。
目次
第1章 博物館と情報 高度情報化と人々の生活/情報ネットワークと博物館
第2章 博物館活動の情報化 展示の情報化/博物館資料管理と情報化/調査研究の情報化ほか
第3章 情報機器とネットワーク技術 情報機器の変遷/情報機器の利用方法とその役割
第4章 博物館における情報提供の実際 情報提供の目的と方針/提供方法の多様化/提供方法とその運用/新しい情報戦略とその運営
第5章 今後の課題 知的財産権/データベースと電子博物館ほか


ページの先頭へ戻る