近刊

  • 江戸の書院と現代の図書館
    ISBN
    A5判   176頁   本体2,000円+税
    咸宜園の図書館機能と現代の図書館の情報サービスには,「情報リテラシーの育成」という共通点があるとの問題意識からまとめた論考集。
  • ミュージアムのソーシャル・ネットワーキング
    2018年10月上旬刊行予定
    ISBN
    四六判   226頁   本体1,800円+税
    博物館情報学シリーズ…… 3
    ミュージアムのソーシャル・ネットワーキング
    本間 浩一 編著
    井上 透・佐久間 大輔・寺田 鮎美 著
    ソーシャル・ネットワーキングが加速する環境において,ミュージアムも新たな進化の道を辿り始めた。本書は,その様相を観察し理解するための複数の視点を提示する。
  • エル・グレコの首飾り 青柳図書館の秘宝
    ISBN
    四六判   約276頁   本体2,000円+税
    わが国で初めての公共図書館,青柳文庫の創始者・青柳文蔵は目白不動境内に眠っている。そこから場面は目白,仙台,福岡,宗像,名古屋と飛び,物語は図書館・博物館・公民館を鍵にして進行する。

ページの先頭へ戻る