障害のある人たちに向けた 
LLマンガへの招待
はたして「マンガはわかりやすい」のか
吉村 和真・藤澤 和子・都留 泰作 編著
LLマンガへの招待 はたして「マンガはわかりやすい」のか
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
B5判   約180頁   本体2,200円+税

内容紹介
 「LLブック」とは,知的障害や自閉症などで一般的な読書活動が困難な人たちにも読書の楽しさを感じてもらえるように編まれた「やさしく読める本」のことです。 LLとは,スウェーデン語のLättlästを省略して表したことばです。
 本書では,LLマンガの制作・普及をめざすために,LLマンガとは何か,なぜ必要なのか,描くための視点と技法などについて平易に解説します。 具体的には,大人が楽しめるマンガを,内容を薄めずに,幼稚にもせずに,わかりやすく読みやすくするためにはどうしたらよいか,さまざまな角度から考察していきます。
 これから先,できれば日本語や日本文化に慣れていない外国人,マンガを読むことに慣れていない高齢者の方などにも興味をもって読んでもらえるLLマンガが生まれることを願って編まれました。
目次
1章 LLブックとは
2章 本当に「マンガはわかりやすい」のか?――マンガの「常識」を疑ってみよう
3章 LLマンガを必要とする人たち――さまざまな読者像
4章 LLマンガを描く――「赤いハイヒール」と「はだか男」の展開
5章 LLマンガを読む――知的障害者への調査と評価
6章 LLマンガのガイドライン―― 描くための視点と技法
 あとがきにかえて「おまけのマンガ」
 [付録]
  用語解説
  作品版LLマンガ
   「赤いハイヒール」「はだか男」


ページの先頭へ戻る